美容と健康のお話し

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

太りたい人へ

結構このお話は難しい問題です

なんといっても太れないのは胃腸の機能(特に腸の弱さ)があるからです。 他のページにも書きましたが 食事のとり方はやはり主食のお米をよく噛んで 唾液と十分に混ぜ合わせて少しでも消化し、 内臓の働きを助けてあげてください。 よく噛めるようになると 今よりも食事量が減りますが十分に吸収されるため太ります。

しかし根本的な弱さは生まれ持ったものなので強くは出来ません。 東洋医学での胃腸の弱い人は 呼吸器、鼻、皮膚も弱く、蓄膿、痔、アレルギー鼻炎、アトピー、喘息になりやすいうえに、 神経がデリケートで責任感が強い(いい意味で)ので 余計にストレスや心配事ですぐに食欲も落ちてしまいます。 痩せるのは痩せますがなかなか元に戻りません。胃腸が弱く痩せている人はなんとなく「気力が少ない」「元気が無い」人が多いと思いますが、これはどういうことかと申しますと、人はなるべく新鮮で自然のものを食べる動物ですが、食べ物というのは栄養やミネラル、ビタミンだけではなく、その生きているという「気」(生命)をもらっているからです。胃腸が弱いと栄養面だけではなく「気力」(生命力)もうまく取り込めないのです。

胃腸の弱い人はこのように消化も吸収も下手なので、病気になった場合は特にお薬をうまく吸収できませんし、お薬を正しく選ばないとお薬が負担になり食欲を落として病気の治りを遅くしてしまいます。

いつも「胃」その部分だけを見ていてもなかなか良くならないのは当然です。 「腸」は「胃」の先なので「腸」がよくなければ「胃」はよくなりません。「胃」が悪いという方はよく胃薬をお飲みですが、意外とおなかに何かしら症状のある方が多いです。この原因は「腸」が原因なので「腸」を温めて腸内環境をよくし、 少しでも穏やかに過ごしたいものです。 特に冷たい食べ物や飲み物は好きな人が多いでしょうが厳禁です。

太るには、補中益気湯やその他の処方などが良い、と色々なサイトに書かれておりますが、 漢方薬は奥が深く痩せている理由をよく考えて、最適な処方を使わないと無駄になってしまいます。 この辺は東洋医学を勉強している、漢方薬の専門家にお任せください。 ネット販売や通信販売にはお気をつけください。

胃腸を丈夫にする・太るコツ

  1. お米を主食にする。
  2. 食べ過ぎない(腹8分目)
  3.   
  4. 1口30回以上噛む。
  5.   
  6. 水分(飲み物)を必要以上飲まない。食後のお茶以外は喉が渇いたら飲む。
  7.   
  8. 冷たい食べ物・飲み物をひかえる。
  9.   
  10. 「生姜」をなるべく料理などに取り入れる。
  11.   
  12. 自然の中を汗をかくくらいよく歩いて、汗とストレスを発散する。
  13.   
  14. カラダを良く動かし(ほどほどにですよ)鍛えてお腹が空くようにする。
  15. 粘膜、皮膚を鍛えるため「乾布摩擦」をする。
  16.   
  17. 漢方処方は胃腸を温めたり、滞った気を散らす処方を使います。
  18.   
  19. アミノ酸製剤(胃腸に負担をかけず吸収しやすい食事の補助)と併用するとさらにいいですね。
  20.   
  21. 薬は錠剤よりは粉、粉よりは液体のものを選ぶ。

筆者の経験

ところで今このページを書いている筆者(薬剤師 飯田敏雄)は、小学校2年で盲腸の手術、小学校4年で腸閉塞で腸を1メートル切除、 その後下痢、腹痛、お腹のモジモジ感、痔、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、A型肝炎、高尿酸値、1年半続いた微熱(慢性疲労性症候群)など病気のデパートでした。

腸閉塞の手術の後5年ぐらいはよくトイレで泣いていました。 ここだけの話ですが、大きい方もよくおもらしもしちゃいました。 今もトイレのないところでは心配ですが、だいぶコントロールできるようになりました。 おかげさまで体調もそこそこ良く、サーフィン、ボディーボード、スノーボード、ハイキングなど、 いろいろ遊びながら健康に暮らしています。

長い道のりでしたが、漢方薬(煎じ薬)やカラダの素になるアミノ酸など、色々手当てをしてやっとここまで来れました。 よく痩せたい人、ダイエットしたい人に羨ましいとか言われますが、元々の弱さである胃腸の機能の問題は、自分の意志に関係なく吸収したくても吸収できないので辛いところです。。 しかし太りたい人も痩せたい人もつらさは一緒だと思います。 小さい頃からお腹ではとても困っていたので、少しでもお困りの方のお手伝いが出来ればと思っております。ご相談お待ちしております。。

ちなみに今の身長は172cmで、体重は48kgです。これでも体調の悪い時よりも2kg増えました。   そこらの女性には負けませんよ。(涙)   あ~本当は負けてみたい。。。。(これ本心です)   腸を1メートルも切っていれば仕方がないですかね。


ご意見・ご感想

飯田敏雄様、初めまして林と申します。
経験談を聞かせて頂いて、大変共感出来ました。
僕自身も体系には悩んでいます。年齢34身長168の体重49
食べて太ろうと努力したら胃がもたれたり、下痢したり漢方薬やプロテインを服用しても何の変化も感じません。

職場の同僚や友人から体重を聞かれるのが大の苦手です。

腸は鍛えたら少しは良くなるかな?と思い腹筋を始めようと思ってますけどいかがでしょうか。。

林 栄一様

こんにちは。

結構困っている人がおおいですよね。
ご相談の件ですが、腹筋で腸は鍛えられないのではないかな?と思います。腹筋も運動なのでやらないよりはよいでしょう。

自分の提案は、とにかく楽しく、気持ちよく身体全体を動かすこと。楽しい運動するとお腹がすきますよね?われわれは余計な脂肪がつき難いので、筋肉をつけて充実するしか無いように思います。

それと胃もたれや下痢しやすい体質は、食養生と良い処方が必要でしょう。漢方薬も上手くあわせると効果があります。手間はかかりますが、インスタントの粉よりも煎じ薬が効果があります。胃もたれや下痢は病状です。しかも短期に良くすることは難しいと思います。

プロテインにも健康な人向きのものと、病弱な人向きなものと、アミノ酸の商品の質にもそうとう違いがあります。

しかし太るのはなかなか大変です。簡単にはできません。

ちなみに人に体重を聞かれることはもう慣れました。まったく気にしておりません。逆に羨ましいと冗談で言われるくらいです。

まだ更新していませんが、数日前に腸閉塞で入院しました。
10日間も点滴のみで生きていたため、現在172cm 45kgです。嫌になっちゃいますが、これからぼちぼち増やしていく予定です。

林様も老後の為に、頑張って努力して下さい。
お大事にどうぞ。

39歳男性です。太りたい、という相談を受けれるところって、以外となく、探しあてることができ、うれしいです。
 身長168 3年前くらいから、どんどん体重が減り、55㌔です。〈8キロ減〉
先生方よりは体重はありますが、風邪を引くとかなり長引きます・・・。
慢性疲労症候群なのか、だるい日々がよくあります。
 先生方のコメントを読んでいて、思い当たることが多いです。
太りたいのに、太れないんですよ。なぜか?
神経質?って自分ではわからないし、治せないでしょうし・・・
たしかに、好きな軽い運動をするのがいいんでしょうね。
でも、仕事はやはりつらいことも多く、残業も多いと、
やはり、精神的、肉体的にも、簡単にストレス発散というのも・・・

薬は確かに粉でないと効かないのです。それも白湯で飲みます。しょうがもよくカラダが欲してますね。梅(梅干、梅酒、梅シロップ、梅エキス)もいろいろとりいれています。アミノ酸製剤なのかどうか、「大和酵素」なるものも取り入れてます。
食欲はあるのですが、腹八部がいいんですね。あと、よくゆっくり噛みます。朝起きるとだるいのですが、いい睡眠方法はありますか。あと、腹巻などもいいのでしょうか?
あと、どんな漢方薬がいいんでしょうか?

なかなかさん

こんにちは。

腹八分と前に書きましたが、お腹一杯にしない事です。
それは食べ「過ぎる」と胃腸に負担がかかりますよ。という意味です。
さすがに太りたい人には二割減らすと少ないかもしれません。上記の内容を少し変えておきます。すみません。

「気」の消耗でも太れません。気を使い過ぎて疲労しているからです。いわゆるストレスがかかっていて、うまく発散できていない状態です。「気」の使い過ぎも原因の一つになります。

ただ、なかなかさんの場合は、太れない悩みというよりは、なぜ3年で8キロもやせてきたかという事を検討することが必要だと思います。朝からだるいというのは、充実していない証拠でしょう。運動不足、それに頭(気)の使い過ぎ、寝不足など様々な要因が考えられます。脳の疲労は要注意です。
身体の疲労は普通は寝ればとれますが、頭の疲労はひどくなると脳が過熱して熟睡できなくなります。こうなってくると、胃腸の丈夫な人はストレス発散のために食べる⇒太る。しかし私たちガリは逆に痩せる。消耗する。この辺は根本的な胃腸の強さでしょう。

腹巻は良いと思います。ゆっくり噛むというよりは、口に入れた食べ物は細かく咀嚼することが重要です。

漢方処方に関しては人によって原因と体質が違うので、処方も違ってきます。申し訳ございませんが、コメントできません。
アミノ酸製剤は、酵素も良いと思いますし、他にもいろいろあります。

頭を使う量
身体を使う量
これらの動かす量と身体を休める量のバランスが重要です。
仕事をしたら遊ぶ、遊んだら仕事をする。
動いたら休む、休んだら動く。
「睡眠時間」は「動く時間」のための時間ですので、しっかりとってください。

お大事にどうぞ。

返答ありがとうございました。
気の消耗という概念、なるほど、休息も大事ということですね。
メリハリのある生活を目指します。

はじめまして、こんにちは。
私は30代女性です。
昔っから「痩せてい」という形容詞と共に生きてきました。
現在は身長163cm、体重39kgです。20代前半は43kあり、安定していたのですが、社会人になり、残業などで食事が不規則になり37k代までいったことがあります。
そして30代になり、40k前後であまり変わることがなくなったのですが、最近フラメンコを始めたせいか、また1~2k減りました・・
先生方の症状と違うのは、「胃腸は丈夫」と思っているところです。
快便ですし、胃もたれなどほとんど起きません。食欲は一般人並だと思います。若いころはもっと食欲旺盛でしたが、一度も太ったことがありません。(昔レントゲンを撮ったときに、胃下垂ぎみですねといわれたことがあります)
肉付きの良い女性を見ると羨ましくてたまりません。
女性として貧弱すぎる体型が、最近特にいやになってきました。
どうにか太りたくて、薬局にある「補中益気湯」を1週間だけ飲みましたが、全く何も変わりませんでした。(友人はもっと長く飲まなくてはいけないといいます)
こんなに昔からがりがり体型でも、対策を打てば太れるようになるのでしょうか?胃下垂を直せば太れるのでしょうか?

桑山さん

こんにちは。いろいろとお悩みのご様子ですね。
問診をしてみないと何とも言えませんが、胃腸の自覚症状が無くても、胃腸に余分な水がたまり動きが悪くなる「水毒」や、ストレスや、気の使い過ぎ、考え過ぎによる「気」の消耗でも身体は消耗します。たくさん食べても太らないというのは何か理由があるのでしょう。

古い本に不妊症を改善したという話が載っていました。からだが細くて弱弱しくて、女性的でなく、なかなか妊娠できない女性を、農家へ手伝いに行かせたら、重労働をし、自然の物を食べ、1年ほどでからだがしっかりして、女性らしい体型になり無事にりっぱな赤ちゃんに恵まれたと、書かれていました。

私が伝えたいことは、不妊症のことではなく、「からだは作れる」ということです。簡単ではないでしょうが、色々と方法はあるはずです。ちなみに補中益気湯もよろしいでしょうが、処方もたくさんありますし、なぜ痩せているかをちゃんと考えて処方しないと、なかなか効果もわかり難いでしょう。しかも一時的に体重が減っているわけではないでしょうから、体質と考えると年単位で服用することが必要かもしれません。漢方薬だけではなく、アミノ酸製剤や、他の物でも検討はできると思います。

漢方処方を服用するのであれば、ちゃんと相談してからのほうが良いですよ。お大事にどうぞ。

痩せています。身長180cm体重60kg
ハッキリ言って痩せています。
それが悩みです。
タバコ吸います。
あばら骨もガリガリに見えて
自分が怖いです。
太れるなら太りたいです
太れる楽しみを誰か教えて下さい。

ひろきさん

こんにちは。

みなさんと同じ悩みですね。

今までにも書いたように、漢方の煎じ薬を扱っている、相談薬局や病院にご相談されたらいかがでしょうか?
親身に話を聞いてくれ、なぜ太れないのか一緒に考えてくださる先生も多いと思います。

お会いしていないので何とも言えませんが、体質的な事でしたら焦らない事も重要です。ぜひお近くで相談にのってくれる「信頼できる人」を見つけてください。

お大事にどうぞ。

このサイトを見つけられてうれしいです。
身長155センチ、体重31.5キロ、体脂肪率4.5%です。

子供の頃から太れない体質でしたが、20歳前は41キロ、30代後半までは37キロくらいありました。 現在50歳です。

20代後半から胃腸の調子が悪くなり、30代半ば頃から胃薬を常用しています。
長年甘いものを食べ過ぎたり、運動不足だったことも原因かなと思っています。
2年半前から漢方治療を受けていますが、体重は一向に増えません。

医者からはたんぱく質をたくさん採って運動をして筋肉をつけて太るよう言われましたが、体力がなく筋肉も付きにくく全く太れません。

最近では腸内環境を変えることが大事だから乳酸菌の食品を一日300g~500gとるように言われましたが、乳製品で下痢をしてしまう体質で、豆乳ヨーグルトや納豆を食べていますが、量的に難しいです。

筋肉量が少なすぎるせいか、病気をして薬を飲むたびに様々な副作用が出てしまい、病気になるのも薬を飲むのも怖くて仕方ありません。

一体どうすればこの負のスパイラルから抜け出せるかと日々悩んでいます。
こんなに盛りだくさんの悩みをメールでというのは無理があるかもしれませんが、地方に住んでおりなかなかそちらに足を運ぶのは難しいので何かアドバイスがありましたらお願いいたします。

ようこ


ようこさん

こんにちは。といっても随分時間がたってしまいました。このコメント欄はメールではありませんし、おかしなコメントがたくさん来てしまうので気がつきませんでした。ごめんなさい。

正直申しまして、太る事は難しいです。ようこさんのようにもともと多少体重があった、胃腸薬を継続服用するような胃腸の弱さもあるというと、何とか改善する事も可能ではないかとも思いますが、そう簡単ではないのでしょう。

太れない人は太れない行動をしている事が多いです。太っている人は、太るような行動をしていますよね。肉体の消耗だけでなく、神経、ようするに気の消耗でも胃腸の動きも悪くしますし、痩せて行きます。気の使い過ぎ、考え過ぎ、心配し過ぎ、いつも緊張状態、頑張り過ぎ、など気の使いようも考えなければなりませんし、漢方を処方する時はその辺も考えて選びます。

あとはお腹ペコペコにがすくような行動が大事です。筋肉の材料は栄養です。

胃腸が弱い人は栄養を吸収しにくいので、筋肉はつきにくいはずです。ヨーロッパの自転車の選手はレース中走りながら食べますものね。トップレベルの選手は胃腸が超強いという話です。それはそうですね。

腸内細菌を増やすことはとても重要ですが、東洋人は乳製品よりも漬け物、納豆、お味噌、甘酒などでよいでしょう。1日300g~500gとはちょっと多いですね。痩せている人にはちょっと厳しいアドバイスですね。良い細菌を増やすには温かさも重要なので温かい和食にしてください。他には食物繊維も必要です。

うまくまとめられませんが、少しずつ少しづつ「楽しく」良い時間を増やしていかれたらよいでしょう。

「心から楽しく」これが最も重要です。お大事にどうぞ。

ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。