漢方おもしろ話

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

葛根湯は風邪薬?

葛根湯はみなさんがご存知のように風邪薬??です。 この表現は「正しい」とも言えますが、「正しくない」ともいえます。 それはどういうこと?とお思いでしょう。葛根湯は確かに風邪に使います。 しかし漢方では風邪にはこの薬という考えはしません。 それはなぜかというと病名は関係ないからです。 ご存知のとおり「肩こり」にも使います。肩こり用の薬でもありません。

中国から伝わった傷寒論、金匱要略という東洋医学・漢方医学の原点ともいうべき古書があります。 その本に書かれている処方で、そこにはこう書いてあります。 (代表的な条文を簡単に書きます。)

★葛根湯   葛根 麻黄 桂枝 生姜 甘草 芍薬 大棗 「太陽病、項背強几几、無汗悪風、葛根湯主之」(太陽中)

簡単に訳しますと、太陽のあたるところの病、(つまりからだの表面) もっと簡単に表現すると、風邪のひき始めのような状態で、 熱はあっても無くても首筋や肩が凝り、汗が出ていなくて、風にあたると気持が悪く、 皮膚がザワザワしたりした時には葛根湯がいいですよと書いてあります。 一概にこの症状は絶対条件ではありませんがこういう状態に使います。

そこで風邪の初期によく使うということです。 ですが風邪というのは人によって症状も違うし体調も違うわけです。 風邪の初期に使う処方は沢山あります。 風邪の初期は基本的には身体を温めて汗を出し初めて熱が下がるものです。 そこで葛根湯には上記のように「麻黄」が入っています。 この薬味は表を発し汗をだす性質なので温まり当然発汗しますが、 すでに汗をかいている人にあげてしまうともっと発汗してしまい、 逆に冷えてしまい風邪を体の奥に押し込んでしまいます。 それと胃に障りやすいので食欲が落ちていたり、 舌に白いコケが出ている場合は飲めません。 そういう時はそれなりの処方があります。 ですからもう熱が微熱になっていたり風邪を引いて3~4日たっている場合は他の処方を使う場合が多いです。 「風邪を引いたかな?ちょっとさむいな。」と思った時に、 すぐに自分にあった風邪の初期のお薬を飲めば、慣れてくれば1~2服で治ります。

そのかわり煎じたお薬のほうが速く効きます。 使い方で2時間おきぐらいに飲んだりもします。 散剤や錠剤はどうしても切れ味が足りません。 やはり漢方はハーブなので質の差がとても大きく、 良くないものは香りも少なく効きも当然悪いように思います。

風邪の初期はお風呂や冷たいものをひかえ、 おかゆに梅干くらいであまり食べ過ぎないで、 温かくしていたほうが治りは速いです。(ちなみに昔から言われていたこと) このように誰でも葛根湯といいうことはありえません。 間違って使っているのに漢方薬は効かないと思うのはもったいないですよ。

ちなみに妊娠中も控えましょう。 注・・薬局で売っている葛根湯は中には咳止めや解熱剤を配合してある物があるので、 必ず薬剤師に相談してからお飲みください。

気をつけないと。。。

先程の条文のように風邪にも使いますが今度は違う使い方です。それは「肩こり」です。この肩こりは慢性でもいいです。 ただし上にも書いたように舌の白い方、胃の弱い方、食欲のあまりない方には使えません。 あとは乳腺炎や蓄膿症、鼻炎、肩こりから来る頭痛でもよいです。

なぜ肩こりに効くのでしょう?上の薬味を見てください。葛根と書いてありますが、 これはよく見かける葛の根(そこらの空き地に生育)です。 生息している所をよく見ると横に育っていて縦には育っていません。 根はすごく繊維だらけで筋張っています。 ということは。。。昔の人はすごいです!!! どういうことかと申しますと横のツッパリをとってくれるのです。 つまり肩こりや凝りかたまっている状態に効くわけです。

  • 麻黄(西洋医学の咳止めのもと)
  • 桂枝(シナモン)
  • 生姜(ひね生姜)
  • 甘草(グリチルリチン酸のもと)
  • 芍薬(たるみを引きしめて痛みを除く)
  • 大棗(なつめ)
特別な物は何も入っていません。 しかし七味唐辛子も香りが無ければ何の意味もありません。 昔から言われている事には必ず意味があります。 有名な小柴胡湯の柴胡も山の中腹にしか生えてない植物なので、 体の中腹(胃、肝、胸の辺り全般)に効くといわれています。おもしろいですね。
あくまでも漢方は自覚症状で病名は関係ありません。 病名漢方には気をつけましょう!
例)
  • アトピーには○○○湯が効きます。
  • 更年期障害にはこの処方が。。。
  • 通信販売で売ってしまう漢方薬。
(自分は経験不足?なのかもしれませんがお客様の顔色や顔つき、体質、体調、舌の 色などを把握できない場合はなかなか難しいため、漢方処方に関しては基本的にお会いした事がない方には申し訳 ありませんが、お売りできません。)

ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。