home  links  links
-

漢方薬・生薬認定薬剤師 飯田敏雄の今までの病歴

自分が今感じている事は、人間が生きているのは意味があるということ。 なぜこのように感じるのかはわかりませんが、今まで生きてきて、なんとなく感じています。

今までの病気の経験は人に自慢するつもりはありません。 病気をしている人は、なぜ病気になるのだろう?なぜ自分だけ?とか、こんなにつらいのにとか、だれもわかってくれない等、マイナスに考えてしまうのも当然です。しかしマイナスに考えても何も良いことはないということも確かです。 病気のつらさはその本人にしかわかりません。しかし同じ病名や、似たような状況を経験していると、経験していない人よりも少しはわかるはずです。 病気の経験などしないほうがいいに決まっていますし、病気にならない身体が買えるなら買いたいくらいです。

それなら今までの経験は生かせばよい。漢方相談薬局に産まれたからには、あなたが困っている人を少しでも助けなさいと、言われているような使命を与えられているのだと考えました。 なんて。。。かっこうつけているわけではありませんが、こう考えないとやってられないと言う事なのですけどね。 でもどの薬が身体にいいとか、このような状態にこの薬ということも健康な人には効果を体感する事は難しいと思うので、身体が弱いのもまんざら悪くもないかなと考えるようにしています。。

このような経験も、お店でいろいろな方のいろいろな病気のご相談をしておりますと、余命を宣告された方や、原因不明の難病や、いつ治るかわからない難病の方に比べると自分の病歴など病気のうちに入らないなと感じます。

それでは、病歴を年齢順にお話していきます。
8歳の夏 >
※右の目次から直接ページをご覧なっても結構です。

 
 HOME