としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

材料系サプリメントと香辛料系サプリメント

材料系サプリメントと香辛料系サプリメント

当店で扱っているサプリメントは、私の家族が飲むものであり、お客様に勧められるものとして、なるべく自然の物で、信頼ができるもの、質の良いもの、私が納得できるものを基準として選んでいます。

サプリメントは様々なものがありますが、取り扱っているサプリメントを、私が勝手に仕分けしてみました。

○材料系サプリメント

からだの材料になるもの。要するに食事に近いものです。いつもお話しているように食養生が一番大事です。
食事の偏りやミネラル、ビタミンの偏りは病気の原因の一つになります。もちろん食養生はご自分でなさるもので、安易にサプリメントを飲むことが良いとは思いません。
しかし、近年の生物(食べ物)は昔に比べずいぶんよわよわしい感じがします。ビタミンやミネラルの量もずいぶん減っているようです。これは人間も地球も同じかもしれません。弱くなっているのでしょう。食事も外食では、長持ちしないお野菜はどうしても少なくなります。そこで少し質の良い食材を補ってはいかがかと思っております。要するに食養生の一つです。

材料系のサプリメントは、偏りを整えバランスをとってくれるので、一緒に治療薬としての漢方薬や、西洋薬などを使ったときに効き目が出やすいようです。漢方薬は材料としてはちょっと頼りないですものね。

バイオリンク(野菜の先祖・純粋な九州筑後産のクロレラ)←これは私一番のお気に入り。
バイオリンク原液
ビタモ液(アミノ酸・豚さんのレバー)
桜精(アミノ酸・馬さんの心臓のエキス)←これもお気に入り。
野草菜果(酵素)
カルマジン(カルシウム)
新エッセルマーナ(低カロリー高タンパク・大豆プロテイン)
イサゴール50億(インドの薬草・食物繊維)←これも私にはなくてはならないもの。旅行にも持っていきます。
ジャームコロン(パン酵母、インドの薬草・食物繊維)
hp-biorink.jpg

○香辛料系サプリメント

お野菜というよりは、ハーブや漢方薬のように、薬草に近い作用があるもの。要するに漢方薬的なサプリメントです。主に体の一部分の症状などを狙って作られたもの。サプリメントはお薬ではないので、効能効果をうたえませんが、効能効果を期待してブレンドしています。

バイオリンクBCEX(クロレラの高分子成分抽出エキス)
バラモン(インドのハーブ、数種類配合)
ビルベリー&DHA(ご存知ブルーベリーの野生種、ルテイン、クコの実&菊花、他)
田七人参
塾田七(田七人参を蒸して熟成)
リバシールド(田七人参をさらに熟成するために酵素で熟成)
コレスバランス(田七人参、紅麹、米胚芽)
うこん(ご存知ターメリック)←アルコール=お酒の熱を冷やす
瑞芝(シイタケ菌糸体)

○材料系と香辛料系の混合型サプリメント

その組織の材料とそれを活用するために必要な香辛料などを混合したもの。

歓節粒(グルコサミン、コンドロイチン含有ムコ多糖、金時生姜、デビルスクロウ、他)
歓節コラーゲンⅡ型(豚コラーゲンペプチド、トリ軟骨抽出物、鮫軟骨抽出物、豚プラセンタ、ブドウ種子、ミルクカルシウム、ビタミン類、他)
ラクッション(グルコサミン、トリ、豚、サメ軟骨抽出物、コンドロイチン硫酸、コラーゲンⅡ、他)

自分ができる範囲で養生をして、そして初めて自分の身体に何を補ったらよいのか考えるといいでしょう。人によって生活様式が違うし、体質も違うので、必要な順番が若干違ってきます。ネットや通信販売ではからだに良いものはあふれかえっています。値段もお安いものからお高いものまで様々です。

その方に最適なサプリメントを補助として使いますと、体調がよく、楽な生活になりますし、漢方薬などの効き目も非常によくなります。

病気を治すことことに限らず、健康維持を目的にしたり、漢方薬、サプリメント、民間薬、なんでもご相談ください。
なるべく最適な「生き方」をご提案させて頂きます。

「木を見て森を見ず」
「病気を見て全体を見ず」

こういうことにならないように、私は普段気をつけています。


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/130