としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

民間薬・「焙じどくだみ」 美味しい

日本古来から伝わる、有名な薬草といえば、「どくだみ」「げんのしょうこ」「せんぶり」です。

その中でも現在、日常で服用されているのがどくだみです。

どくだみは、毒出し、便秘、下痢、痔、蓄膿症、高血圧等、幅広く使われてきましたが、特にお腹(便通)や呼吸器系(蓄膿などの鼻の病気)、皮膚病など粘膜の病気に良く効きます。どくだみの化粧水も有名ですね。蓄膿の時に生の葉を鼻の中に入れると、膿がドボドボ出てきます。すごいです。。

しかしどくだみは独特の香りがあり、その特徴の香りが嫌いな方もいらっしゃいます。じつは私もあまり好きではない香でした。患者さんとお話をしていると、この方はどくだみをお茶がわりに飲まれるといいのに。と思っても、香りが嫌で飲み続ける自信が無いという方がいらっしゃいます。そこで考えたのが、「焙煎」です。どくだみを焙煎してみたら、これがなんと非常に香ばしくて美味しいのです。小さなお子様でも大丈夫でしょう。蓄膿症、副鼻腔炎の家系のかた、膿みやすい体質の方には特にお勧めです。

どくだみは日本産が一番といわれています。その日本産を丁寧に焙煎しました。ぜひ香ばしいどくだみ茶をお楽しみください。私はいびきをかくので、そのために毎日飲んでいます。

ご自分でも、お近くにどくだみが生えているのであれば、収穫してお茶を作ってみてください。役に立ちますよ。
ちなみに、収穫期は梅雨時の花が咲いている頃がベストシーズンです。

%E7%84%99%E3%81%98%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%BF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF.JPG

%E7%84%99%E3%81%98%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%BF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF1.JPG

%E7%84%99%E3%81%98%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%BF%E8%8C%B6.JPG


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/185