としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

珍しい八重のどくだみ どくだみ茶はいかがでしょうか?

5月、6月が旬のドクダミです。収穫の時期ですね。

臭いからといって、庭のどくだみを引き抜いて捨ててしまうともったいないですよ。洗って乾して刻んで、お茶にしてみてください。匂いが気になる方は、土鍋などで弱火で焙じて、焙じどくだみを作ってみたらいかがでしょうか?

下の写真は、東大和の東京薬用植物園にもある、とても珍しい八重のドクダミと、普通のドクダミ。お客様に頂きました。

あの強烈な匂いに似合わず、可憐で純白な花です。

yae.jpg

以前も書きましたが、ドクダミは日本3大民間薬の1つといわれ、様々な病気に使われてきました。

特に粘膜に作用しますので、蓄膿、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎(鼻づまり系)、便秘、皮膚病には特に重宝されています。なかには化粧水を作ったり、入浴剤にしたりして、民間薬を楽しんでいらっしゃいます。

ドクダミの薬効は利水作用もあるので、むくみでお悩みの人にもいいでしょうし、痔など応用範囲はとても広いです。

当店のお茶シリーズのなかでも、お陰さまで「焙じどくだみ茶」は人気があります。しかし、手作業で焙じているので、どうしても製造が間に合わず、ご迷惑おかけすることがあり、申し訳なく思っております。

味は焙じているので、焙じ茶のようです。どくだみの独特な香りはずいぶんと気にならないはずですので、ぜひお試しください。

「アトピー&かゆみ」からの脱出


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/274