としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

漢方薬には「美味しい飴」を入れる処方があります。

漢方薬は、さまざまな薬草をはじめ、化石や鉱物、動物生薬、煎じる水にまでこだわりがあります。

その中で、漢方薬を煎じて薬草を漉した後に「飴」を溶す。という処方があります。この飴の事を漢方用語で「膠飴」と言います。

それは有名な、「小建中湯」「大建中湯」に、温めて気力を益すという目的で、薬味の1つとして配合されます。しかし、市販の小建中湯や大建中湯に使われている膠飴は、手間をかけた膠飴でない事が多くみられます。

この飴は、もち米を蒸し、麦芽を混ぜて作ります。麦芽とは、発芽させた大麦を乾燥して砕いたもので、酵素(アミラーゼ)を大量に含み、その酵素でもち米のデンプンを分解し、ゆっくりと甘い麦芽糖に変えていきます。

一昔前のお砂糖を使わない水あめです。それを当店は蔵王の飴職人にお願いして、粘りのある水あめを、できるだけ水分を少なくし、お砂糖を入れず、固形の飴の状態にして頂いております。これは手間と時間がかかり、ちょっとの事で焦げてしまったり、なかなか難しいそうです。

昔ながらの技法を守りながら、素材にこだわり、伝統の技にこだわり、手作りにこだわり、まごころにこだわってできた、飴です。

%E8%86%A0%E9%A3%B4%EF%BC%A8%EF%BC%B0.jpg
12個袋入り 400円(税別) 10個チューリップWECK入り 600円(税別)

素朴な優しい甘みです。そのまま召しあがっても、紅茶やコーヒー、たんぽぽコーヒーに溶かしてお飲み頂いても、お料理にお使い頂いても美味しいと思います。お湯に溶かし、生姜をいれると、さらに美味しく温まります。

この飴はお砂糖を入れていないため、硬くありません。時間と共にやわらかくなり、だんだん形が変わっていきます。味には変化ありませんが、お早目にお召し上がりください。

なお、小さくはないので、お子様やご老人には、のどに詰まらないようにご注意ください。


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/338