としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

Dandelion Coffee たんぽぽコーヒー 「No.405 Clove クローブ」

「No.405 Clove クローブ」は、日本産の西洋系たんぽぽの根を焙じたものに、高貴な香りのクローブを加えました。

クローブとは「丁子」という生薬名で、漢方薬やお屠蘇に配合されます。胃腸の働きを良くするために配合されるほか、歯の痛みに使うことで有名です。聞いたところによると、ある流派の仏教では、儀式のときに身体を清めるために丁子を袋に入れて浮かべた丁子湯につかり、口に丁子を含みながらお経を唱えると聞きました。とても神聖な薬草ですね。心が洗われるような香りです。

香辛料としても、お肉の臭みを消すためにつかったり、ポプリとしても使われます。

Clovehp.jpg

当店は生薬屋、漢方薬局なので、植物の質にこだわっています。自然の恵みですから、良いものを大事に扱いたいですね。

クローブをブレンドした「No.405 Clove」「No.505 Clove」は胃腸の弱い方、「悪い気」を受けやすい方に特にお勧めいたします。豆乳や、当店のこだわりのざらめ糖を入れて、少し甘くするととても美味しいです。

タンポポコーヒーシリーズの中でも「No.405」「No.505」はインドのチャイのようで、特に私が好きな味わいです。

D405hp.jpg

5袋 900円(税別)

お湯を注いだ時に、植物がパックの中で踊り、香りや味わいが抽出されやすいように、ひとつひとつテトラパックにしています。

tetrapakHP.jpg

お湯の量はお好みで調節してください。私は濃い味が好きなので、180ccくらいで飲んでいます。薄い味がお好きな方であれば、3~4杯お飲みになれます。水出しもOKです。

洋菓子のお共にはコーヒーとして、和菓子のお共にはお茶として、お楽しみください。

妊娠中は401、407、501~509以外をお選びください。
-------------------------------------
400番台(ビターテイスト・シリーズ)は、日本産西洋系タンポポの野生品を使用しております。味はビター、ほろ苦さが特徴ですので、苦めのコーヒーがお好きな方におススメ致します。

西洋系たんぽぽコーヒーシリーズ

400 Pure          焙じたんぽぽ
401 Bitter         焙じたんぽぽ+えびす草の種
402 Cinnamon      焙じたんぽぽ+シナモン
403 Orange peel     焙じたんぽぽ+みかんの果皮
404 Ginger        焙じたんぽぽ+金時生姜
405 Clove         焙じたんぽぽ+クローブ
406 Yuzu peel      焙じたんぽぽ+柚子
407 Turmeric       焙じたんぽぽ+うこん
408 Shiso         焙じたんぽぽ+赤紫蘇
409 Japanene mint   焙じたんぽぽ+ミント(和薄荷)

500番台(アロマテイスト・シリーズ)は、蒙古系タンポポの野生品を使用しております。香りが豊かで、すべてに焙煎したえびす草の種をブレンドして、よりコーヒーに近づけております。同じたんぽぽでも品種が違うと香りも味もけっこう違います。

蒙古系たんぽぽコーヒーシリーズ

501 Aroma        焙じたんぽぽ+えびす草の種
502 Cinnamon      焙じたんぽぽ+えびす草の種+シナモン
503 Orange peel     焙じたんぽぽ+えびす草の種+みかんの果皮
504 Ginger        焙じたんぽぽ+えびす草の種+金時生姜
505 Clove         焙じたんぽぽ+えびす草の種+クローブ
506 Yuzu peel      焙じたんぽぽ+えびす草の種+柚子
507 Turmeric       焙じたんぽぽ+えびす草の種+うこん
508 Shiso         焙じたんぽぽ+えびす草の種+赤紫蘇
509 Japanene mint   焙じたんぽぽ+えびす草の種+ミント(和薄荷)


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/386