としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

どくだみは今頃が旬です。雑草というより薬草です。

「どくだみ」は梅雨時期に花が咲き、旬となります。横浜でも元気にグングンと伸びてきています。

%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%BFhp.jpg

東南アジアでは、食べ物として揚げたり香草として利用されていますし、日本では乾燥したどくだみはお茶としても、医薬品としても販売しています。

医薬品としての効能効果は「便秘、尿量減少、便秘に伴う吹出物」ですが、そんなに強い効果ではありませんので、昔より日常のお茶としても利用されています。

民間療法としては、痔、高血圧、便秘、たむし、陰部のただれ、はれもの、かぜ、梅毒、淋疾、腰痛、蓄膿症、副鼻腔炎、冷え症、帯下などに使われてきました。(漢方と民間薬百科 大塚敬節著)

どくだみには抗菌作用があるので、昔は生ごみに入れて臭い消しに使われたり、化粧水を作ったり、入浴剤にしたりと、とても身近な植物です。天日で乾燥すると嫌な香りは気にならなくなります。

当店では、医薬品のどくだみも、当店で焙煎した香ばしくて美味しい「焙じどくだみ茶」も人気があります。

この写真のように湿気に強いどくだみは水でも育ちます。たまに水を変えてください。根が茎の節から生えてきて数か月は持ちますので、ぜひお楽しみください。

%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%BFBhp.jpg

なお、LINEお友達の方には1袋プレゼントクーポンを発行しました。
友だち追加


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/612