医王堂通信
としろぐ

真夏の汗対策

2016.7.25

2016年 今年の夏は暑いらしいですね。
近年夏は非常に暑く、私が小さい頃は30度を超えることが少なかったです。これも温暖化ということなのでしょうか。
そこで、汗のお悩みのご相談は多くあります。あせも(汗疹)も含めて当店お勧めの汗のケアの事について書きます。
今回は多汗症でも変わらないケアの仕方をお話します。ただ、多汗症は内因的な原因、夏の多汗は暑さという外因的な原因なので多少違いがあります。今回は暑さ、夏の汗のケアです。
からだは暑くなるとからだを守るために、冷やそうとして汗を出す。冷やすのは水分が最適です。そのため、汗対策は冷やすことが重要です。当たり前ですね。冷やすことも考えながら汗対策を考えないと、皮膚に熱があるのに汗を止めようとして、毛穴をふさごうとしても無理があります。不自然ですね。
しかし人の目も気になるし、何とかしたいものです。
昔から当店自家製でお作りしているローションが2種類あります。1つは汗を止めるローションです。
これは塩化アルミニウムを主成分としたもので、毛穴を引き締め汗を出にくくするもので、脇汗や手汗、足汗、汗による足の臭い、脇の臭いなどでお困りの方に人気です。

汗止めローション 30cc 800円 60cc 1600円(税別)
お若い方はあまりご存知ないかもしれませんが、基礎化粧品の中でもファンデーションのをよくするために使用する、「収れん化粧水」の強力なものというイメージです。さすがにカンカン照りの暑さによる汗は止められません。多汗症の人