としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

漢方薬の副作用?

「西洋医学のお薬の副作用に対して、漢方薬でその副作用を軽減する。」

ということに疑問がある。最近学会などでも発表され注目されている。

もちろんある程度効くから、困る症状を改善するために漢方薬を服用する、ということも理解できる。

が、しかし不自然にカラダをコントロールする化学薬の副作用を、自然の恵みである漢方薬で、効果があると喜んで使用することに疑問がある。

本来、漢方薬とは、からだがどういう原因に対して、どう反応をしているか理解し、その現象に対して処方していくことが普通である。

たとえば痛みや冷え、熱、のぼせ、頭が重いなど様々な自覚、他覚症状が処方を選ぶヒントになるため、現代医学での病名はヒントにすぎない。

そのため現代医学での病名に対して、東洋医学的な診断をせずに漢方薬を処方してしまうと、「違う」ということがでてくる。その結果、おかしくなると、相互作用?お薬のせいか?漢方薬には副作用があると言われかねない。

不自然なお薬がいけないということではなく、良くも悪くも症状にマスクできるので、そこを含めて漢方薬をうまく処方することが重要だと思う。

私が言いたいのは、西洋医学と東洋医学は、考え方がまったく違うものだから同じ薬として安易に考えないで、自分で学んでから使うか、自信が無い時は、勉強している先輩に聞いてから使いましょう。ということです。


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/354