美容と健康のお話し

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

痔の根本治療

痔の原因

  1. 冷え
  2. 疲れ
  3. 便秘
  4. 貧血
  5. 体力、抵抗力低下
  6. 胃腸障害
  7. 五臓の疲れ
  8. 妊娠

どうしたらよいか?

「痔は何回手術しても再発する?」 「坐薬、軟膏で痛みや出血は止まったので、治ったと思っていたが、 又、すぐに痛み出し、前よりひどくなった」 この様なことをよく耳にします。なぜでしょうか?

これは当たり前のことです。 痔は単に肛門周囲の病気ではなく全身の病気です。 従って、坐薬、軟膏を使って一時的に痛み、出血をおさえても症状はどんどん悪化し、真性脱肛、痔ろう等取り返しのつかない様になるのです。

漢方医学では痔は5臓6腑でいうと「気管支とお腹の弱さ」や「お腹の冷え」と「肝臓の疲れ」からくる病気と考えています。 簡単に説明すると、お腹が冷えて血行が悪く腸が下に落ちてしまっていたり、腸が困っている状態です。

腸の血液はその後、門脈を通って肝臓へ向かいます。 無理をしたり、疲れすぎていたりすると肝臓が疲れ血液が渋滞します。 肝臓で血液が渋滞すると、その前の腸の血行も悪くなります。

風船にたとえるとわかりやすいと思いますが、一度膨らました風船は膨らみやすいのと一緒で、 痔の血管も一度膨らんだところはいつでも膨らみやすい状態です。

そこでまた無理をしたり、冷えたりすると痔になってしまいます。 手術で切ってもそのときは良いですがお腹や肝臓は元のままですし、 体質を改善するわけではないので、養生していないとまた痔になるわけです。

「痔」という漢字は「やまいだれに寺」という字のごとく、 気をつけないと死ぬまで付き合っていかないとだめな病気ということです。 しかしいくら体質でお腹が弱くても気をつけてれば症状は出にくいどころか、 ほとんど忘れられるようになることも可能です。

当然時間がかかりますが、自然薬でお腹を温め肝臓を守っていけばよくなります。 医王堂薬局 特製 痔の軟膏もありますのでご相談ください。

じつは。。。

実は自分の父も学生のころ「じぬし」(痔主?)でした。

当時はまだ薬剤師ではなかったため、手術をしましたが当然のごとく1年でまた痔になりました。 そこで卒業後、痔は漢方薬で治るならとそれ以来漢方薬を勉強し始めて自分で治したのです。 それから医王堂薬局が漢方薬主体でやることになりました。

当然三男の自分も無理をすると痔になりますし、お腹を二度も手術しているので体質は似てしまうものですね。


ご意見・ご感想

先日、レオピンロイヤルを頂き飲んでる者です。ここ二、三年、痔で悩んでます。イボ痔で切れます。何か良い薬はありませんか?

こんにちは。

レオピンロイヤルはお腹を温め、肝臓にも良いので「痔」には特によいお薬ですが、良くなるまでには相当時間がかかります。

イボになっている痔は漢方では「お血」といって汚い血が滞っていると考え血を浄化するような処方を使います。他には便通が毎日スッキリ出ているかということが重要です。

時間はかかりますが、漢方薬を併用されますと徐々に良くなると思います。他にも効果は多少落ちますが、簡単に飲めるお薬や、自家製軟膏など色々ございますのでご相談ください。

相談があります。
私は18歳の女ですが、今日初めてお尻から2回出血がありました。その時は便も出ず、鮮やかな血の色で、お尻には痛みも違和感もなく気になります。ネットで調べたら内痔核らしいのですが、病院には行きたくないので市販の薬で効果あるのがありましたら教えていただけないでしょうか? お願いします。

こんにちは。
結構お若い方で、痔でお困りの方が多いようです。若い女性は、冷たい食べ物や飲み物、薄着でお腹を冷やしていたり、ご飯(主食)の減少、洋食中心の食生活などから便秘の人が非常に多いためと思われます。

出血は軽い場合も、重い場合もあります。脅かすわけではありませんが、痔でないこともあります。内痔核かどうかもわかりませんので、お薬の種類はなんともコメントできません。

もし痔の出血であっても、漢方処方は治療薬であり、効果も速いですが何種類かありますので、直接話すかいたしませんと処方を選ぶことが出来ません。

漢方薬ではなく、一般の痔のお薬でもすっきり便が出ていない場合、緩めの場合、普通の場合でも飲む種類も、飲む量も違ってきますので、申し訳ございませんが選べません。

病院に行くのに抵抗があるのならば、せめて漢方の相談薬局に行って相談してみてください。相談薬局ではこういうご相談は多くありますので、恥ずかしがらずにご相談ください。お力になれませんで申し訳ありません。お大事にどうぞ。

ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。