漢方おもしろ話

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

生姜の不思議な効果

最近生姜紅茶などが流行っていて、お客様からもよく質問を受けます。
生姜はお腹を温めるので、昔から冷やすものを食べる時は必ず薬味として一緒に食べました。お寿司のガリ、冷奴の生姜などです。

東洋医学の考えかたですと、生姜は生姜でも「生の生姜」と、「乾燥させた生姜」では意味が違います。「生の生姜」は「生姜」ショウキョウ、「乾した生姜」は「乾姜」カンキョウ、といいます。

漢方の処方でも「生姜」を入れる処方と「乾姜」を入れる処方があります。乾しただけですが、この二つには大きな違いがあります。「生姜」は浅いところを温めます。「乾姜」は深いところを温めるといわれています。そのため、初期の風邪の時の葛根湯などは風邪が表面にあるので、生姜を入れます。手足が冷えている人などの下痢の処方で人参湯がありますが、これはからだの深いところ、内臓が冷えている状態なので、乾姜を使います。

生姜は天日で干しますと、太陽の陽気を浴びて水分が減り、辛味成分も増えて温める力が強くなることがわかっています。よく干しシイタケも天日で干すとうまみ成分が増えるといいますね。

kintokisyoga.JPG

数少ない愛知県産の乾燥金時生姜に、温まりをよくするために少し甘草末を加えました、こだわりの金時生姜末です。辛味は強いですが、すりおろした生姜や市販の生姜末とは比べ物にならないほどカラダが温まります。葛湯に入れたり、紅茶に入れたり、お料理の調味料としてもおいしくいただけます。ぜひご賞味下さい。 

このように生きているものは、すべて意味がありますので、工夫したりしてうまく利用して寒い冬を乗り越えましょう。

なお、夏にお腹を冷やした人は、次の冬は冷えで困るでしょうから、なるべく生姜や葱などを積極的に召し上がると良いでしょう。ただし、全ての人が冷え性というわけでないので、冷えて困っていない人に大量に辛味の物(生姜)を使うと肺を温めすぎ、肝を弱らしてしまいます。なんでも程々にしましょう。

古方家の生薬バイブル「新古方薬囊」荒木性次先生著より 抜粋させていただきました。 

「生姜」
ひね生姜のことなり。辛味強気品なれば大小いずれにても可なり。又必ず「ひね」すなわち親生姜を用ふべし。若き子供生姜は気味薄し効劣る。ひねの新しくて充実したる物を用ふべし、陳久品(古いもの)にして多量の水を含みたる物(最近の中国産のような水っぽい生姜)。。は使用し難し。気を扶け外を実す。これ生姜の発汗薬に多く用ひらるる所以なり。

「生姜と乾姜との違い」
生の生姜と乾かしたる生姜とは元一物にして薬効大いに異なる、自然の妙用まことに窮究し難きもの多し、而して乾姜の場合は散辛化して歛辛となる、生姜は進むることを主どり乾姜は守ることを主どる、萬物の變化まことに計り知るべからざる所あり、乾姜は深きを温むる効あり、故に厥を回し下痢を止め嘔を治す。

金時生姜をブレンドしたタンポポコーヒーもおススメです。当店手作りです。Dandelion Coffee たんぽぽコーヒー 「No.404 Ginger  金時生姜」

D404hp.jpg

こだわり乾燥生姜・蒸し生姜配合の「ちょっぴり大人なしょうが湯」もお勧め致します。

%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%8C%E6%B9%AF.JPG


ご意見・ご感想

はじめまして。
生姜紅茶のことを探していたら、このHPを発見しました。
おもしろいですね。
すりおろした生姜汁では、冷え性には効果ないのですか?
教えてください。

ミコさん

コメント有難うございます。
すりおろした生姜汁でももちろん冷え症に効果あります。

しかし、からだの深いところを温めるのには力が少し弱いでしょう。手足がキンキンに冷えた人などは乾した生姜でないとなかなか温まってこないでしょう。効果はないわけではありませんよ。

紅茶もいいですが、葛湯の方が効果的ですよ~。スーパーに吉野葛が売っているので、それに黒砂糖をいれて甘くして、生姜を入れてお鍋で溶かすと、それはそれは美味しい生姜葛湯の出来上がりです。面倒な方はレンジでチンです。

生姜紅茶とは比較にならないほど温まりますよ。「葛」と「生姜」は葛根湯の成分ですからね。

ありがとうございます。
早速、葛を使ってみます。
乾燥した生姜は、普通に売っているものなんでしょうか?
見たことがなくて。。。

また、ブログ拝見させてください。

乾燥した生姜は確かにあまり売っていないですね。

自分もいろいろ調べましたが、食品関係がほとんどなので生の生姜が多いのでしょう。乾燥生姜が見つかっても、日本産は少ないですしね。

生薬の問屋さんにもなかったので、愛知県の農家から直接取り寄せて作ってしまいました。

ご自分で薄くスライスして天日で干してもいいと思いますよ。今の時期ならば乾燥しているので大丈夫でしょう。辛味の強い金時生姜はなかなか手に入らないと思いますが、普通の生姜ならば売っていますものね。お試し下さい。

乾かした生姜はどう使ったら良いですか?

たかひろさん

こんにちは。

特に決まりはありません。
香辛料のように使えばいいでしょうし、上記のとおり葛湯に混ぜるとか、いろいろご自分で工夫してみてください。

お味噌汁に入れても美味しいでしょうね。
生姜は温めるので、冷やしそうな食べ物と一緒に使うといいと思います。

美味しく使うお勧めの食べ方が見つかりましたら、ぜひ教えてください。

生姜紅茶を調べていてこちらを拝見しました。
教えてください。
生姜を薄くスライスして天日で干してみたいと思います。
スライスする前に生姜を蒸したりする必要はあるのですか?
干したものをミキサーなどで粉末にしても効果はありますか?


ひみさん

こんにちは

生姜を蒸したり、湯通ししたり、灰の中に入れて焙じたりした後、乾すこともします。熱を加えると辛味が増すはずで、内容成分の比率も変ってくるのでしょう。だから漢方薬では「生姜」「乾生姜」を区別しているのです。

ただ食用やお茶程度なのであればお好みでいいと思います。温めるからといって辛味が強くなると、美味しくならないかもしれませんので。

乾姜をミキサーで粉末にするのは構いません。当店の金時生姜は生薬粉砕機で粉々にしていますので。ただ繊維がしっかりしているので、家庭用ですと細かくするのに苦労するかもしれません。お試しください。

このページ↑↑↑に生薬のバイブルの生姜、乾姜のお話を追加しておきました。

ちょっと難しいですがおもしろいでしょ。

早速のお返事ありがとうございました。
お返事いただけてとてもうれしく思っています。
今度生姜を買ったときに、乾燥させてみたいと思います。
(今はすりおろした生姜を小分けにして冷凍しています。)
私はアレルギー体質で悩んでいます。
花粉、紫外線(湿疹がでます)、金属が主なものですが、
少しでもよくなればいいなと思っています。

実は横浜市に住んでいます。
いつか薬局に行ってみたいと思います!

では、ありがとうございました。

追記:
お話の追加、読ませて頂きました。
私の解釈で合っているのかどうか疑問です・・・。
頭の体操(!?)させていただきました!


以前におうかがいした者です。
その節はご回答ありがとうございました。
生姜をスライスして、天日で干し、ミキサーのミルで粉末にしてみました。多少繊維は残りましたが、手作りにしてはまぁまぁかなぁ…というものが出来ました。
今まではおろした生姜を冷凍していたのですが、効能が薄れてしまいそうな気がして保存方法を変えました。しばらくこの方法でやってみようと思います。
結果報告させていただきました。
では…。

ひみさん

有難うございます。

生姜の繊維はなかなか強くて手ごわいですよね。
お店で使っている生薬用の強力粉砕機でも手こずるくらいなので、家庭用ミキサーでは時間がかかるでしょうが、細かくしなければいけないわけではありませんので、ぜひ楽しみながらいろいろ工夫してみてください。

生姜は精油が少ないので粉砕しやすい方です。

こんにちは。はじめまして。

私は冷え性なので生姜で治せないかと思い、いろいろ調べていてこちらのサイトに出会いました。

日頃から料理には何かと生姜を使用しているのに冷えは治らず。
そこで粉の生姜をフライパンで煎って乾姜にすると体の奥の冷えに効くという事で、食事時のお茶に入れて飲みはじめました。

気になるのが、私はどうも逆流性食道炎らしく、胃酸が多いのか、胃痛やみぞおちが痛んだり、のどに違和感があったりします。

教えてほしいのですが、生姜の効能では、胃壁を刺激し、胃酸の分泌を促進するという事ですが、それがかえって胃の弱い者にとって逆効果になったりしませんか?

また、フライパンで生姜粉を煎る事で乾姜になると考えて良いのでしょうか?

かぶさん

こんにちは。

生姜にも、もちろん作用があるように、意味があります。
ここにも書いてあるように、生と乾したものでは温める場所が違ってきます。

フライパンで炒る前に、乾燥している生姜は、生ではないのですでに乾姜です。しかし本当の乾姜は天日干しのことです。漢方の流派によっては乾姜は蒸した後乾したものという先生もいらっしゃいますが、フライパンで炒るともっと温める効果が強くなるかというと、そんなに違いはないかもしれません。

厳密に言いますと、「冷え」にもいろいろな冷えがあり、足先が冷える場合、膝下が冷える場合、腰下が冷える場合、手足の先だけが冷える場合、全身冷えている場合、など冷えにはいろいろな状態があります。

温める薬味も、生姜ばかりでなく附子(トリカブト)や呉茱萸、陳皮などたくさんあり、何処がどう冷えているかで組み合わせる薬味が違ってきます。

逆流性食道炎なのであれば、その症状が便秘などして少し熱症状が少しあるのか、水分の停滞による冷えからか、その他にも理由がいろいろ考えられますが、使う薬味もとうぜん違ってきます。

日常の食品として使う程度ならば良いですが、症状に対して使うことが目的の場合は、厳密に言えば全身の症状の状態から薬味を選ばなければなりません。

極端に言いますと、生姜で温めれば全ての冷えが改善されるわけではありません。病的に冷えがひどい人は生姜だけでは到底無理です。もし胃腸がすごく弱い場合はいくら生姜でも少しから様子をみながら使ったほうが良いでしょう。

胃痛があったり、みぞおちのつかえがあったり、のどに違和感があるのは、東洋医学では症状ですので、いちど漢方の専門家にご相談なさったらいかがでしょうか?

冷えや胃や咽の症状も軽く出来ると思いますよ。

お大事にどうぞ。

お返事ありがとうございます!

そうか〜、やはり簡単な話ではないんですね。
せっかく粉生姜買ったのにな〜。
効果はあまり期待せず、食材として薬味に使おうと思います。
それなら毒になるって事はないですよね?

漢方専門医にかかてった事もあるし、高い煎じ薬や漢方薬もいろいろ飲んできました。
最終的にはツムラの116番が一番効いたと思います。
5年経った今でも時々頓服で飲みます。

でも自分に合った薬をみつけるのって大変ですね。
私は薬に対する反応が敏感すぎて
合わないとかえって体調崩し、回復させるのがまた一苦労。
その苦労をまた背負う元気もなくて未だに116番でやり過ごしています。

かぶさん

有難うございます。食材程度ならば問題ありません。
もし過剰に摂ると金(肺)→木(肝)の関係で肝に負担をかけます。
ただ最近の日本人は昔よりも、内臓が冷やす事ばかりしているので、あまり問題は無いでしょう。

漢方薬は煎じるお薬です。エキス散と煎じ薬の効果の差は歴然です。それに漢方薬の処方をあわせる事がその人の腕前です。
患者さんと医療者がお互いに協力し合わないといい処方が見つかりません。2人で一緒に作り上げていくようなイメージです。

信頼できる相談者に出会えるといいですね。

お大事にどうぞ。

はじめまして。もぐと申します。
私も生姜紅茶について調べていたらこちらへたどり着きました。
そこで、ぜひお聞きしたいことがあります。
生姜紅茶の著者の先生は、紅茶と生姜は陽性の食品ということを言っていらっしゃるようですが、いろいろなサイトで見てみると、紅茶も生姜も陰性の食品ですと言っているところもあります。本当のところはどうなのかな・・・?と疑問に思っているところなのですが、、、?

もぐさん

こんにちは。

陰性・陽性というのは比較なので、他のものと比較してそれよりも陽か、陰かいろいろな意見があると思います。

自分が学んでいる古方は約2千年まえの傷寒論を基本としており、古くてシンプルな流派です。そこでは生姜は「辛温」と定義されています。これは流派や師匠によっても多少違いがあります。「辛」と定義されるものは肺臓、大腸、皮膚、鼻などに作用する薬味とされ、「温」はそこを温める薬味とされます。

そのため「辛温」である生姜はお腹の冷えによる下痢や便秘、肺の冷えによる鼻水、アレルギー性鼻炎、咳などに使われるのです。

他には「辛微温」「辛平」「辛微寒」「辛寒」などに分類されます。「辛→肺」以外には「酸→肝」「苦→心」「甘→脾」「鹹→腎」と細かく何処の臓器を温めるのか、裏を温めるのか、冷やすのか、冷やしも温めもしないものか区別されています。

これらの性質の薬味の組み合わせで漢方薬は成り立っているので、漢方薬は方向性があり、同じ病名でも人によって処方が違ってくるのです。

いくら生姜良いといっても、肺を温めすぎると肝を傷めます。ただし、最近の人たちは冷たい飲み物、食べ物、生もの、が多く、おまけに運動不足なので冷えきっています。そのためちょっとやそっとの生姜でも肝臓を傷める事はないとは思います。これも細かく言えば、人によって違います。

ちなみに紅茶は「茶」を発酵(陽性化)させたものでしょうが、自分の流派では薬として使わないので、正しい判断が出来ません。冷やすにも温めるにも程度がありますので。

いろいろなサイトで書かれていることも、その人の流派や勉強度合い、経験で意見も違ってくると思います。

それに本に書いてあっても、自分で実際に使ってみて初めて自分の中で納得できるものです。

サイトの情報や、マスコミ情報は無責任で、富や名声を得ることが最優先の情報が多いような気がします。お気をつけください。

なかなか説明するのが難しいので、コメントが遅くなりました。すみません。

こんばんは、
家庭で生姜をスライスして天日干ししてミキサーで粉砕して作った後は、どのように保存したら良いですか。毎日使おうと思っていますが、長持ちする方法はありますか?

はるさん

こんにちは。

天日干しであれば当分持つはずです。

どれくらいという期限は決まっていません。
しかし古いと気が抜けてくるので、美味しくなかったり、粉っぽかったりするはずです。

気の強い薬味、たとえばハッカの葉や紫蘇の葉は気が飛びやすいので、当店では冷蔵庫にて保存しています。他にも虫がつきやすい生薬は冷蔵庫保存です。

生姜は虫は付きにくいので長持ちすると思います。七味唐辛子も冷凍庫や冷蔵庫で保存すると香りは長持ちするので、ジップロックにでも入れて冷蔵庫にて保存されたら良いでしょう。 

はじめまして。 
乾生姜のことでいろいろ調べていたらこちらにたどり着きました。
生姜をスライスして天日干しにしたらいいと言う事ですが市販の
しょうがでもいいのでしょうか?

りえさん

こんにちは。

ご質問の件ですが、生姜にもいろいろ種類はありますが、オススメな物は昔からある黄色くて辛味の強い生姜です。ちょっと前に八百屋さんに聞いてみたところ、土が細かいところに入って取りにくかったり、小さめだから調理がしにくくてあまり売れないからという事で売り場から減っていったようです。

最近は生姜ブームでまた出てきているようですが。

最近の生姜は外国産も多いし、水っぽいし、あまり辛くないし、ゴツゴツしていた昔の生姜とはちょっと力が弱い気がします。

金時生姜は結構辛みも強いし、オススメですよ。

生姜の効果について検索していたらここにきました。
私は今企画をしているのですが、それが生姜を使ったアイスなのです。
ですが、生姜といったら生姜湯とか温かいものしか思いつきません。
私のアイスという冷たい食べ物に生姜を使ってもダイエット~とか風邪の予防~などといった効果はなくなるのでしょうか?

tamaさん

こんにちは。
冷たい食べ物は内臓を冷やします。するとあくまでもイメージですが、内臓はキュッと縮まる。緊張する。硬くなる。血流も悪くなる。ということは、消化するのに良いわけがない。温めるとその逆になります。ゆったり、ホッコリ、リラックス、緩める。柔軟に動く。

冷たい食べ物に、胃腸を温める生姜を入れると効果が無くなるわけではないでしょうが、そうとう弱くなってしまうでしょう。冷たいアイスを食べてダイエット、風邪の予防になりますとは自分には言えません。

しかし考えようによっては他のアイス、たとえば南国のフルーツのアイスなど冷やすものだけのアイスよりは、冷え方はましかもしれません。表現と程度の問題でしょうか。

温かくして食べたり、飲んだりするのには理由があります。漢方薬も温かくして服用すると本来の効き目が最大限発揮されます。薬味の性質(温・寒)や成分も大事ですが、温度もとても大事なのです。昔から西洋薬、漢方薬に限らず、お薬は白湯(ひと肌位の温度のお湯)で服用するようにというのが常識でした。温かくして飲むと吸収の効率が良くなるのだと思います。

温める処方を冷たい水で服用しても温まるという感じがあまりしません。それでお客さまには、エキス散の場合はただでさえ効果が弱いので、お湯で溶かして飲んでいただいております。煎じ薬も飲むときになるべく温めてから飲んでいただいております。
それだけでも感じ方や効果はずいぶん違うようです。

東洋医学の本には、熱いものと冷たいものを同時に食べたり、一気に食べてはいけないと書かれています。内臓がびっくりし萎縮・緊張・硬直しておかしくなってしまいますものね。

生姜アイスは美味しそうですね。自分は冷え症、お腹が弱いのでアイスはほとんど口にしませんが、もし食べるならあまり冷えないように、生姜のアイスを選ぶでしょう。

生姜はいいですね
飲んでヨシ かけてヨシ 感謝です
で  ジューサーで繊維質が残るてんですが
おっちゃんは ピーラーで細切りにして
みじん切りにして 台所の水切りにい入れて
天日干しにします 水分を含んでいるほうが 繊維質を切りやので 乾燥後はコーヒーメーカーで作業を進めると さすがに
粉末じゃーーなのが出来上がります
役に立てばなによりです

甲子園のおっちゃんさん

こんにちは。

なるほど。なるほど。有難うございます。
こだわることも大事なのですが、大量になると加工の手間がかかりなかなか大変です。

参考にさせて頂きます。

はじめまして!九州の料理の飲食店をするにあたってタレ作りに必要なガツンと辛味のある生姜を探しています。九州のお店は長崎の古生姜(ひね生姜)を使っているのですがこちら関西でして関西だとどうしても四国高知の生姜しか流通していないようです。高知の生姜はそのまますりおろしたり刻んで料理のスパイスとしては美味しいのですがタレにするとどうしても味が活かされません。九州からも取り寄せが困難になると言われどうしたら良いかと生姜について調べていてこちらにご相談した次第です。ガツンと辛味を効かせるには以下のどの方法が一番効果的ですか?
⑴皮を剥いてスライスして天日干し
⑵皮付きでスライスして天日干し
⑶蒸してから天日干し スライスor塊のまま
⑷スライスしてフライパンで炒ってから天日干し
以上ですがもし他にももっと良い方法があれば教えて頂きたいです。
よろしくお願い申し上げます。

マノクさん

こんにちは。

これは私個人の経験上のコメントです。

生姜だけではなく、野菜などを干したりすると、水分が減り内容成分の比率も変わると言われています。

生姜を乾すと、水分が減り、生姜の温める力がもっと強くなるという意味もわかるでしょう。

それに「火を加える」と更に陽性化します。

上記のとおり、蒸したり、加熱した後に乾す事が「温める作用が強くなる」要するに辛味を増すにはよいかもしれませんが、辛味だけが増すわけではなく、バランスとういか、性格がちょっと変化します。生姜もこのように加工すると辛くはなりますが、サッパリした味も減り、それなりの味わいになってきます。

生姜は加工すると、温める力も違えば、カラダの温める場所も違うようになります。

例えば、唐辛子は辛いですが、生姜とは違う辛さですよね。生姜を食べても頭や顔から汗が出るのではなく、どちらかというとホカホカとカラダが温まるイメージです。

漢方でも蒸した生姜は焙姜という名で、たまに使います。

すこし話がずれてしまいましたが、4つの中からですと、3番でしょうか。

皮を去り、細かく刻むといいと思います。細かく刻むのも、どの程度細かくするかで、味わいも変わってくると思いますので、いろいろとお試しください。

生姜も水っぽいものよりは、黄色く、硬く、充実しているものが良いでしょう。

ご参考まで。

はじめまして、こんにちは。

私は乾燥肌やアトピーや花粉症などで酷く悩まされています。
アレルギーは腸内環境が悪いから症状がでると聞き、改善するには生姜がいいと聞いたので、すりおろした生の生姜と紅茶とオリゴ糖をを混ぜてここ3ヶ月ぐらい毎日飲んでいます。
今のところ特に効果はみられないのですが

やはり乾燥させた生姜の方がいいのでしょうか?
また生の生姜では意味ないのでしょうか?

たさきさん

こんにちは。

まず、生姜は食品ですが、漢方薬でも使います。ただ大きな違いがあります。植物は一緒に使う植物により相性があり、たとえば生姜とシナモンや棗と一緒に煎じると、相乗効果を発揮します。要するにお薬のような効き方をします。

生姜と、紅茶と、オリゴ糖は相性が良くないわけではありませんが、漢方薬のような、理論的な使い方ではありません。

しかも、乾燥肌、アトピー、花粉症などは、その人の体質や性質、生活の仕方など原因が違います。病名は一緒でも、人それぞれ対処法は違うということです。

アレルギーといっても、その人によっても状況が違うので、その人に必要なことをしなければ、効果がわかるというほどには、ほど遠いと思います。

なかには生姜紅茶オリゴ糖でよくなる人もいらっしゃるかもしれませんが、体質病であるアレルギーは、完治に至るにはなかなか大変です。

しかし、腸内環境を良くすることは、どなたでも非常に大事なことです。「食べ物」や「食べ方」に気をつけていない人や、寝不足やストレスにより自分でお腹の動きを悪くしている人は、ご自分で体調を悪くしています。食養生が大事です。食べ過ぎ、飲みすぎも病気の原因の1つになりますので、ご注意ください。

一般的にはお腹を冷す事はよくないので、生姜を利用した食べ物や飲み物はよいでしょう。生だから意味が無いということもありませんし、乾燥させた生姜がよいという判断も人によるので、病状を把握できない方には申し訳ございませんが、コメントできません。

3カ月も努力されて、効果がまったくみられないのであれば、他の作戦が必要でしょう。

ご参考まで、私が書いているアトピー専門サイトです。
http://www.atopi.jp/tora/

お大事にどうぞ。

こんにちは、初めまして。

私も冷え性改善に乾燥生姜が良いと聞き、検索していたらここに辿り着きました。
生姜の香りと味が苦手な人は、オブラートやカプセルを利用しても同様に効果は得られる物なのでしょうか?

できれば家族全員で飲んで体を温め、免疫力を上げていきたいのです。

陽子さん

こんにちは。

オブラートに包んでも、カプセルに入れても結構です。

しかし、こだわるのであれば。

鼻から入る「香り」と、口で感じる「味」という情報はとても重要です。美味しそうな香りがするだけで人はお腹がすいたり、唾液が出たりします。

このように全く同じではないと私は思いますが、違いが分かるほどでもないでしょう。

ただ、冷え症というのは様々な原因があり、冷えやすい体質以外であれば、たとえば運動不足による筋肉量が少ない人は、疲れている人は、エネルギーが少なく冷えやすい、ストレスが発散できていない人、緊張しやすい人は手足末端の血流が細くなり冷えやすい、など様々です。病的な場合もあります。

漢方では生姜以外にも温める薬草はいろいろとあり、しかも生姜だけではなく、他の薬草と一緒に煎じることにより、ぐっと効力を発揮します。

生姜と相性の良い薬草は、手に入りやすいものでいうと、シナモンや葛でしょう。少しお砂糖や蜂蜜を加えて美味しくしてもいいでしょう。

美味しく食べる、飲むということもリラックスするので温めるコツになります。工夫して美味しくして、継続して下さい。

ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。