としろぐ

  • category
  • アトピー専門サイト かゆみ&アトピーからの脱出
  • ご相談から漢方薬の煎じ方までご説明します。
  • 医王堂薬局 携帯サイト QRCode
  • 医王堂薬局 facebook

薄毛、細毛、抜け毛、オイリーヘッド対策 その1 頭皮クレンジング

私は冷え症なので、夏が大好きですが、あのギラギラした直射日光には毎年閉口します。

頭の中は大事な脳がありますが、脳はパソコンと同じで、いろいろと考える事によって大量の熱を発するといわれ、それをひやすために脳は脳脊髄液という水の中に浮かんでいます。ようするに水冷です。そんなに過熱しやすい頭部は、汗(空冷)によっても冷やそうとします。頭に汗をかく人は、脳内の過熱、ストレス過多が予想できます。

夏に頭皮は紫外線に焦がされます。耳の周りや後頭部よりも頭頂部は汗も多くオイリーになりやすく、頭皮の毛穴に皮脂がつまりやすくなります。

毛穴に皮脂や汚れがつまっていると、毛髪も生えにくく、太くなりにくくなります。おまけにいくら養毛剤を使っても、毛穴がつまっていると浸透しません。それはお化粧の場合も一緒で、洗顔の前にクレンジングクリームなどで、皮脂汚れやファンデーションなどの古くなった脂分を溶かし出した後に、洗顔をした方が、毛穴の深い所に残る、黄色や茶色の酸化した脂分を取り除けるので、お肌のくすみも取れ、化粧水や美容液の効果が発揮されます。

前置きが長くなりましたが、頭皮のクレンジングを1週間に1回~2回。オイリーな方は3回程度をお勧めしています。使うものはこだわり化粧品メーカー・リスブランの「由 ひこばえ」頭皮のクレンジングオイルとして、シャンプー前のプレトリートメントとして、頭皮や毛髪の油分補給、トリートメント、毛髪つや出し、として使え、水に乳化しやすいのでサラッとなじみべたつきません。

%E3%81%B2%E3%81%93%E3%81%B0%E3%81%88.JPG
「由 ひこばえ」60ml 3500円

使い方は3プッシュを手にとり、生え際全体になじませ、風池のツボから頭頂部に向かってもむようにマッサージしましょう。特に正中線は皮脂が一番出るところ。そこを特に重点的に。その後、蒸しタオルで5分蒸らす。その後、これまたお勧め リスブランの「めどき シャンプー」で5分間泡パックでさらに汚れを浮きださせてさっぱり。そしてリスブラン「風池」養毛剤で血流をよくし毛髪を育てましょう。

東洋医学の古書には「腎の華は髪にある」「髪は血の余り」と書かれている。ようするに、腎の力が髪に現れる。頭髪が血液によって栄養を得ている。このように栄養不足、生命力不足、疲れなどからも毛髪が細くなったり、生えなくなったりすることがわかっています。からだを充実させるとまた毛髪も強くなってきます。腎のフォローには漢方薬をはじめ、鹿茸が入っている霊鹿参やレオピンロイヤルがいいでしょう。私が好きなバイオリンクもお勧めです。血も増えるし、浄化してくれるし。爪や毛髪に力やツヤがない方にお勧めしています。

父が30代からツルツルなので、心配で私もたまにやっていますが、気持ちが良いです。今のところ大丈夫!

スキンビジオムで頭皮の毛穴拡大チェックできます。

対策その2に続く


ご意見・ご感想などお聞かせください。

※ご相談はなるべく、ご来店、もしくはお電話にてお問い合わせください。


Trackbacks

Trackback URL: http://www.ioudou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/174